読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ円盤ブルース

両隣外によるブログです。

サウンドクラウド回遊記2

サウンドクラウドで見つけたナイスな曲を紹介。

 

まずブラジルのA Terceira Margem do Rioさんによる『Selene ( Pra ela...)』。読み方は分かりません笑

演奏と録音を自身でやってるみたいだが、うーむ音自体が凄く良い。

他の人が質問したところによると、マイクはMXL 770を使っているとのこと。

南米の人特有の、楽器のテクニックが非常に高くブレない演奏。

この曲には少し可愛いさや切なさも入っていて、日本人はかなり好きなのでは。

イントロとアウトロに水の音を入れるあたりがなんともいい感じな演出。

 

次はイギリスの8ØØxLさんの『 Wouldn't It Be Nice』。

これ、タイトル通りビーチボーイズThe Beach Boys)の曲『Would'nt It Be Nice』をサンプルに使って再構築している曲。だが、原曲のあのキラキラした音像をこういったスーパースローのような素材として曲に落とし込む芸当…うーむ凄い。

 

続いてボリビア4ojosさんの『 Jamfunk - Cyrus』。ユニットの一人Jamfunkさんのソロ曲のよう。

 重たいエレクトロファンクに乗ってなんともイルな雰囲気の語りが…これはお気に入りの映画『ウォリアーズ(原題:THE WARRIORS)

ウォリアーズ [DVD]

ウォリアーズ [DVD]

の演説シーンを使っているそう。この映画は観たことが無かったのでその後レンタルして観てみたが、冒頭の15分程、テクノの曲に乗ってもの凄くスタイリッシュな映像で始まる映画だった。Jamfunkさんはかなり好きなんだろうと思う。

 

最後にフランスの() Sirkri ()さんの 『ParaMagne(Tisme)』

 

サウンドクラウドにはなんともクオリティーの高いビートミュージックがゴロゴロしているのだが、いやあこの曲も凄い。なんとも内側に潜り込むような音像。からのどーんとデカいサウンド。19歳とは末恐ろしい…