空飛ぶ円盤ブルース

両隣外によるブログです。

Toro y moiの2ndと、 Princeのジャケ。

Toro y moi(トロ・イ・モア)とPrince(プリンス)。

この二人似ている。。。

 

ジャケの感じがwどっちも2nd。

Underneath the Pine

Underneath the Pine

 ↑トロ・イ・モア

愛のペガサス

愛のペガサス

 ↑プリンス

そしてジャケ以外も。

 

トロ・イ・モアは最近知った1986年生まれのクリエイター。

アフロ・アフリカンの父とフィリピン系の母を持つアメリカの人。

この見るとギョッとするジャケの2ndアルバムは2011年作。


Toro Y Moi - "New Beat" (Official Video) - YouTube


Toro Y Moi "Still Sound" - YouTube

このアルバムに入っている2曲。

ソウル・ファンク・ディスコを下敷きに現代風なサウンドを生演奏で展開させている。

夢見心地なシンセが印象的だ。映像ではバンドで演奏してるが音源は自分一人で全部演奏しているとのこと。

 

続いて今日で55歳のプリンスが1979年、21歳の時に出した2nd、邦題愛のペガサス』

(!)より

I Wanna Be Your Lover - Prince (1979)

爽やかなプリンス。

 

この二人、作詞作曲歌唱に加え、各楽器の全パートを一人で作り込み、かつ演奏もして楽曲を完成させてしまう。

そして二人ともアフリカ系のアメリカ人だが、音はあまり黒くない。別にアイデンティティもそこに無い感じがする。

 

この後プリンスのジャケは更に激しく

ダーティ・マインド

ダーティ・マインド

3rd…

Lovesexy

Lovesexy

10th……

なっていくので、トロ・イ・モアのジャケは大丈夫か!?

と心配した所、3rdが出ていました。

Anything in Return

Anything in Return

プリンスのジャケは意識していないようだw

タタンタタンタタンタタン、ドコドコ…


恋の大予言 フィンガー5 - YouTube


Thee Michelle Gun Elephant - Get Up Lucy (ゲット ...

 

 

似ている!イントロのドラムが。

何か元の曲があるのか、定番のフレーズなのかな。

癒し系MG's

 


Booker T. & The MG's - Booker-Loo (1968) - YouTube

ブッカー・T&ザ・MG's(Booker T. & the M.G.'s)がライブでロックバンドみたいになってる!必要最小限の事しか演奏しないスタジオ版しか聴いた事が無かったので衝撃!

3:00辺りからが…これはこれで良いなあ。。。

 特にベースのドナルド・ダック・ダン(Donald "duck" Dunn)は、あご髭や全身からグルーブが溢れ出している様。こういうの観ると癒されるw

 

ちなみにスタジオ版はこちら。激渋。


Booker T. & the M.G.'s - Booker Loo - YouTube

懐メロ発掘24時 「BREAK AWAY」

この間寝る前にふと、曲の断片が頭に響いてきた。

アップテンポなピアノが転がるように短いフレーズを弾く瞬間だ。

 頭の中でループ再生になっている。うーむ止まらない。

なんだっけこの曲…と3分程くるくる考えると、中学生の頃に聴きまくっていたバンドが演奏していた曲だと気づく。

そう。確か「BREAK AWAY」という曲だ。サビで「ブレーアウェー!」って叫んでたし。

この曲、今考えると確かカバーだったなあ…女の人が歌う別バージョンをどこかの店でかかっていたことがある。

オリジナルは誰だったんだろう。

 

当時youtubeは無かったが、今はある。

調べてみるといくつか動画が。

これがオリジナルか!?


Tracy Ullman - Breakaway - YouTube

1983年?か…映像も「これカバーですよ」感を出しているし、これがオリジナルでは無いはず。

 

さらに調べるとどうやらこっちがオリジナル。


irma thomas - breakaway - YouTube

アーマ・トーマス (Irma Thomas)が1964年に発表。

おお!ニューオリンズの人だったのか!

この人、オーティス・レディングOtis Redding)やローリングストーンズ(The Rolling Stones)が曲をカバーしていて、本人よりそっちのが有名なようだ。

(その後気になったのでこの曲が入っている初期ベスト的なアルバムを購入。

イントロで歌とドラムがユニゾンで(!)ニューオリンズ的な「ズッタか」としたリズムを刻む曲があったりして楽しかった。)

TIME IS ON MY SIDE

TIME IS ON MY SIDE

 

中学生の自分が聴きまくっていた「BREAK AWAY」が実はニューオリンズ発だったとはちょっと驚きだ。

しかしバンドのアレンジを聴く限り、アーマ・トーマスのカバーというよりは一つ目の動画のトレイシー・ウルマン(Tracey Ullman)のバージョンのカバーという意味合いが近いかな。そうかオリジナルはアーマ・トーマスで、バンドがカバーした元はトレイシー・ウルマン版だったんだな…

(実はこの1983年のトレイシー・ウルマン版がおニャン子クラブのあのヒット曲の元ネタという話もあるらしい…(Dannaさんの記事http://ameblo.jp/daddyplaystheashtray/entry-11213354499.html))

アーマ・トーマス版

トレイシー・ウルマン版

おニャン子クラブ版)

といくつかこの曲のバージョンがあるが、個人的には中学時代に聴きまくって刷り込みバッチリ、一瞬聴いただけで身体が反応してしまう、このバンドの、このバージョンには、敵わない…

10年以上の時を経て、特にきっかけも無く、頭に突然入ってきてループしだしたこのバージョン…

お!youtubeにもあるじゃないか!

そう。

 

 

SNAIL RAMP版。

これだ!!!

 

このバージョンの1:11から1:14までの3秒間!

この部分が10年以上経って突然ループ再生されるってw

うーむ人間って不思議

そう結論してその日は眠りに着いた。

あと必要なもの

「あれもできる、これもできる、これ一台でなんでもできる。あと必要なのは君の才能だけだ!」

と雑誌のレビューに書いてある。
なんとも時代な売り文句である。


The Reels

先日サウンドクラウドで知り合ったオーストラリアの人から、オーストラリアのポップスを教えてもらった。

いくつか教えてもらった中で一番良かったバンドがこれだった。


The Reels - Quasimodo's Dream (slow version ...

 

The Reels。

70年代後半から90年代初頭まで活動し、一度解散してから2007年に再結成をしてるバンドのようだ。

オーストラリアでは結構有名なバンドらしく、上記の『Quasimodo's Dream』はかなりヒットしらしい。美メロにほんのり絡むニューウェーブ風味が効いていて、何度も聴きたくなる良い曲だ。

 

こんな曲も。


The Reels - After The News (1980) - YouTube

この曲80年なのでトーキングヘッズ(Talking heads)のアルバム『Remain In Light』と同時なのね。

 

その後82年にはバートバカラックBurt Bacharach)作曲のこのナンバーをカバーしてたりもする。


The Reels - This Guy's In Love (1982) - YouTube

 

動画は見つからなかったがアルバムではハーパーズ・ビザール(Harpers Bizarre)の曲『Me, Japanese Boy』もカバーしているよう。

原曲はこちら


Harpers Bizarre - Me, Japanese Boy - YouTube

 

こうして曲を並べると、なんともポップセンス溢れる良いバンドなことが分かる。

ただこのバンド、本国オーストラリアでもCDやレコードを見つけるのは難しいそうな笑

amazon.jpにも無かったので、日本で手に入れるのはなんとも難しそう…

 

 

サウンドクラウド回遊記2

サウンドクラウドで見つけたナイスな曲を紹介。

 

まずブラジルのA Terceira Margem do Rioさんによる『Selene ( Pra ela...)』。読み方は分かりません笑

演奏と録音を自身でやってるみたいだが、うーむ音自体が凄く良い。

他の人が質問したところによると、マイクはMXL 770を使っているとのこと。

南米の人特有の、楽器のテクニックが非常に高くブレない演奏。

この曲には少し可愛いさや切なさも入っていて、日本人はかなり好きなのでは。

イントロとアウトロに水の音を入れるあたりがなんともいい感じな演出。

 

次はイギリスの8ØØxLさんの『 Wouldn't It Be Nice』。

これ、タイトル通りビーチボーイズThe Beach Boys)の曲『Would'nt It Be Nice』をサンプルに使って再構築している曲。だが、原曲のあのキラキラした音像をこういったスーパースローのような素材として曲に落とし込む芸当…うーむ凄い。

 

続いてボリビア4ojosさんの『 Jamfunk - Cyrus』。ユニットの一人Jamfunkさんのソロ曲のよう。

 重たいエレクトロファンクに乗ってなんともイルな雰囲気の語りが…これはお気に入りの映画『ウォリアーズ(原題:THE WARRIORS)

ウォリアーズ [DVD]

ウォリアーズ [DVD]

の演説シーンを使っているそう。この映画は観たことが無かったのでその後レンタルして観てみたが、冒頭の15分程、テクノの曲に乗ってもの凄くスタイリッシュな映像で始まる映画だった。Jamfunkさんはかなり好きなんだろうと思う。

 

最後にフランスの() Sirkri ()さんの 『ParaMagne(Tisme)』

 

サウンドクラウドにはなんともクオリティーの高いビートミュージックがゴロゴロしているのだが、いやあこの曲も凄い。なんとも内側に潜り込むような音像。からのどーんとデカいサウンド。19歳とは末恐ろしい…